足の痛みから解放された

きのうまで歩きにくいほど痛みがあった左足の指。ケア方法を指導されその通りをやっている。今朝、階段をおりるときまったく痛みがないことをしばらく経って気がついた。


配達から戻り「ゆきちゃん」と長距離散歩をしたが痛みがとれており嬉しくて小走りしたほど。


鶏インフルエンザがニュースにならない季節になった。鶏たちの運動場は春の草がしげっている。あすから放し飼いを再開する。


掲示板に細田さんFacebook投稿を載せた。先日の「ふく展覧会」にお運びくださり芳名帳に記入された。それを松村御大がコピーして淳貴君に渡したらしい。細田さん大感激の投稿。


写真。小雨の美祢市於福道の駅。遠方からのキャンピングカー。ご主人が洗面に行き帰りを待っている。車内では女性がキッチンで朝食準備のようだった。そばに車内犬が座って可愛い。


カメラ機能をいろいろ考えたあげく。カメラでできないことを役不足ながらタブレットの写真加工を使ってみようと思った。背景ボカシもなんとなく不満足ながらできた。

0 コメント

整形外科など金曜日

整形外科を受診した。

約一ヶ月前から左足の真ん中の指に痛みがある。歩けないほどではないがズキッと痛い。


レントゲンなど検査結果を診察室で聞いた。足の指は全部弧をえがいて、つまり指先の接地面と付け根は上下に少し曲がっている。ところが私の痛い指は一本だけまっすぐになって指全体が接地面になっているとわかった。

骨や関節に軟骨はまったく正常だからケアでよくなる。それは痛い足の五本の指でタオルを掴む動作でよいと。


配達のときエレベーターは使わず階段。そのとき指に負担をかけたのかもわからない。


整形の医師は若かった。説明の言葉に「やらんばいけん」とか「ば」を使う「先生、長崎でしょう」と言い当てた。私の診たても大したもの。


先日、山口市内のメガネ店で一本オーダーメイドした。長年のたまごのお客さまという理由でこのお店。

少し不具合があったので昨夜連絡をとっておいた。病院のあとはメガネ店。現状で使って少し改善した部品を使いましょうとなった。山口市内の配達わずかな時間で対策できる。


次はカメラ店。いまの小型カメラは使いはじめてもうすぐ3年になる。背景をぼかす機能や水面の乱反射をとり泳ぐ鯉を撮りたいとかいろいろ欲がでてきた。

結論は、いまのカメラ機能をフルに使っていない。すべてオートに任せている使い方にも問題があることが理解できた。マニュアル操作を使いこなしてから一眼レフにステップアップすることにした。


農園に戻り解決したいもうひとつに取り組んだ。

15年ぐらい使っているビデオデッキの不調。番組をハードディスクまでの録画に問題はない。その録画をDVDに移行するときの操作「DVD初期化」ができない。といっても全くできないわけではなく30枚に1枚ぐらいは成功する。ヘッドクリーニングしても改善しない。

きのう日内の益本電気店に配達したとき新品デッキを買いたいと店主に相談した。年齢が85歳なのでデッキ取り付けは私が送迎する。

一晩考えた結果、できれば修理したいと電話をした。いま録画している番組でどうしてもコピーしたいものがあり換えるとそれができない。


人生の車窓「鍵山先生」「阪神淡路大震災」「会社創業」「菊川画廊」「徒歩の旅」「孤独の挑戦」六つの窓を書いた。お世話になった方々や失礼をしたままの人たちに思いを馳せている。

まだたくさんの窓がある。誰のために書いているか。当然私自身のためと思っていたが昨夜気持ちが変わった。

古希を元気にむかえられたことを「窓」に込めているなら神様と母の御霊に供えて御礼申し上げることが最優先。


コロナで太秦教会の大祭や霊祭は遥拝になっている。しかし9月18日の霊祭には参拝して母の奥城にも参ろうと決めた。


今夜からの「窓」はスペシャルオリンピックス。


淳貴君お母さん「玉ねぎドレッシング」レシピ。

0 コメント

坂道の風景は好きです

昨夜、人生の車窓。疲れているが書き上げた車窓は「菊川画廊」書き終えるまでに電話やメールが頻繁に届き頭が冴えた。眠気が限界にきたのでタブレット電源を切った。

目があいたのは2時。次の車窓「徒歩の旅」を約1時間書いてから仕事をはじめた。とても冷え込んで夜露がおりていたが不用意に焼却ゴミを出せないのはイノシシ。数日前から夜の農園内を掘り起こしている。愛車のエンジンを始動させてハイビームとクラクション一発。それからヘッドライトをつけて焼却作業。


6時半。木曜日は唐戸魚市場。

大好きな夢カサゴは「立ちんぼう」と市場の人がいう元気なおばちゃんが並べていた。1000円で7匹がひと山「8匹にしてくれたら買う」のひと声で8匹になった。腹を出してもらうとき「頭が一番旨いから落とさんといて」と言うと笑顔で応えた。


今朝の連ドラ「おちょやん」つられて涙がでた。

藤原てい「流れる星は生きている」が過酷な徒歩の引き揚げをはじめた満州の新京。さらには「新京から列車で引き揚げた」当時7歳の少女だった配達先のおばあちゃん。

ドラマも新京が舞台になり、引き揚げ(難民)の苦労がわかった。


下関は坂道が多い。今朝目にとまった坂道が気にいったので車をとめて撮った一枚。


きょうも大勢の人とたくさんの会話をした。そのなかでも小田さんご紹介でたずねた美祢市の古民家ゲストハウスひまわり オーナーの矢田部沙季さんとのご縁はとても嬉しい。

中学教諭の前に見聞をひろめたいと海外各地を放浪。チャリで国内を放浪。萩市見島で教員生活に終止符をうって数年前から美祢市でゲストハウス「宣伝はしない」けれども宿泊者は多くなった。

おそらく独身30歳代とお見受けした。宿泊して盃を交わしたいと思った。

0 コメント

ちょぼハウス通いは水曜日

下関市山の田。スペシャルオリンピックス下関の「ちょぼハウス」の開錠はバスで来られる清水さん9時40分ごろ。配達の都合で10時半にはハウスを出発しなければならない。

滞在中はポストカードやスペシャルエッグなどすすめておきたい会話がたくさんあるから到着を早くしたい。


今朝も5時過ぎに農園スタート。早く出るための朝食はパンと牛乳と家内が刻んだキャベツとバナナ少し。パンはピザなんとかとマヨネーズをつけた上に溶けるチーズでトースト。


7時前、長府ポポラスで笑顔のコーヒーを頂戴できた。


先日の夜、住吉神社鳴瀬宮司から「二黄卵(におうらんと言われた)」つまり黄身が二つの卵を孫にプレゼントしたいとリクエスト。それらしきものはわかるが割ってみないと。

その理を添えて社務所に置いた。


通学や通勤でこみ合う前、とくにスクールゾーンや時間帯区分などの規制がはじまる前に私は駆け抜ける。


9時半をまわったころ山の田到着。淳貴君お母さんハウスに歩いていたのでクラクションで手をあげた。乗せられないのは助手まで荷物満載。

開錠係が着くまで寒風のなかでポストカード打ち合わせ。私の古希にポストカード。みなさんのお力添えで歩みをすすめている。


もうひとつの古希は「人生の車窓」

鍵山先生・阪神淡路大震災・会社創業の車窓を書き上げた。きのう河上さんに両面で校正用にプリントアウトしてもらった。

それを綾羅木の読書家「はるさん」に推敲してくださいとボランティアで今朝お願いした。

最後は縦書きで原稿用紙にプリントアウトしたいので数字の扱い。それと文章が独りよがりで第三者には読みづらいなど朱筆も訂正も大鉈をふるってくださいと言葉を添えた。


秋に古希をむかえる。ささやかなポストカードで社会に恩返し。車窓で人生を振り返りお世話になったご恩やたくさんお礼を申し上げていないことなどに気づかせてもらえる。


ポストカードは6月までに完成させ。秋をゴールにたくさんの車窓を文字にしておきたい。


ちょぼハウス

向かって左は清水お嬢様・真ん中は太一君お母さん・右は淳貴君お母さん。


⏹️日記と掲示板は18時ぐらいまでに毎日更新

⏹️ホーム画面は6時までに毎日更新

⏹️あだち美術館は日曜日の夕方までに更新


このペースで囲炉裏の部屋をメンテナンスしています

0 コメント

お昼すぎまで雨具の火曜日

昨夜の風雨はひどかった。

火曜日は山口市内を走るが週のなかでゆっくり朝を過ごせる。一番せわしいのは水曜日。5時に農園を出たいので2時でも3持でも早起きして動きまわる。つまり火曜日の夜は早く夢の中に入りたい。寝たら疲れはリセットできる。


インスタントコーヒー顆粒にお湯を注いでFacebook。きょうの掲示板に載せている田島太一君をアップした。

淳貴お母さんから拝借「自閉症の僕が跳び跳ねる理由」と「跳び跳ねる思考」活字の大きい「跳び跳ねる思考」から読みはじめた。東田直樹著。


表紙カバー写真、笑顔の青年が「障がい」とよばれる自閉症本人だったとすぐにわかり「しっかり読もう」と決めた。帯に「たとえ、うまく話せなくても、心には、言葉を持っているのです」に吃音だった私に読みたいと背中を押された。


ブログで書いた記憶はある。二十歳ぐらいから「か」と「た」行が頭につく言葉に出しづらくなった。会話や電話のとき「か」と「た」を使わない言葉をさがしていた。それが見つからないときは悲惨だった。

道に迷って田舎の郵便局「どちらから来られましたか」と聞かれて「徳山」と言えず「あっちから」と指をさしたときの恥ずかしさ。

家内のお母さん葬儀で挨拶を突然指名されて緊張の棒立ち。見かねた親族が「座れ」と言ってそれをやってくれた。私は小さくなって座った。


本の帯 心には 言葉を持っていた


日曜日に下関「植木紙店ギャラリー」を訪れてくださった糸賀社長と今朝のコーヒー。松村さんの描いた作品迫力と淳貴君の作品。両方よかったが淳貴君の楽しい雰囲気が俺はよかったと。


淳貴君の作品を日記に添えます。


掲示板更新終わりました。

0 コメント

庄原市議会議員ご当選 林さんおめでとうございました‼️

広島県庄原市の市長と議会議員選挙投票がきのうあった。投票締め切り時間から気になって何度も検索したのは、酒飲み仲間の「林高正」さん。現役市会議員の彼が再選されるか否かが気になっていた。


神戸震災のあと金光教信徒大会が松江市であった。私が1月から4月まで避難所の運営を手伝ったことを40分ぐらい話すことになった。


それから数ヶ月あと。広島掃除に学ぶ会の快調井辻さんのお店モンテティーナ(並木通りイタリア料理店)でお掃除仲間の大宴会(そのテーマは忘れた)ワインでそうとう酔っていたら「足立さん」と声をかけてきた酔っぱらい「林と言います庄原市で掃除に学ぶ会をやっています。松江で講演を聴きました」と。あんたは金光教の信奉者かね?


酒と神様と掃除の三本柱で林さんと強いご縁ができた。


庄原市長の当落はネットでわかったが議員は出てこない。庄原掃除の仲間、熊本さん(愛称はラッキョさん)にメールで林さんの結果をたずねた。

当選されていた。


厚狭妙徳寺の境内に緑色の花があったので「あの花はなんといいますか」と聞いた。

御衣黄桜(ぎょいこうざくら)と教えていただいた。漢字から想像すると高貴な方の衣の色かもわからない。


人生の車窓を毎日書いている。

明日とか来月に来年などと計画することは楽しい。古希をむかえるこの歳になって人生を車窓を書きながら振り返っている。誰かに読んでもらおうと意識せず歩んできた道を眺める気持ちで。

私にご縁があった人たちが私をささえてくださったことが府に落ちてくる。


掲示板更新しました。

2 コメント

パリコレのような一枚

日曜日は「あだち美術館」作品更新。

先週の清水千代美さんヨーロッパ編から長門昌代(フルートちゃん)にと4時前に手直しをはじめた。はやく済ませたいのは夜露がおりている時間安全にゴミ焼却をしたい。美術館は簡単に思っていた。

長門さんからは以前にLINEでたくさん楽しい写真を頂戴していた。それをダウンロードできないLINEの写真は一定期間経過すると扱えなくなることがわかった。賞味期限が切れていた。

来週の予定を繰り上げて加奈ちゃん投稿を急遽24枚掛けた。長門さんには「申し訳ない」メール。できれば再送願いたいと添えた。


きょうは下関市植木紙店ギャラリーで開催の「ふく展」淳貴君や松村御大作品を鑑賞。続いてバーバラマルシェ、売上金を社会活動に役立てるという企画。実行バーバラたちはスペシャルオリンピックス下関の面々。


徳重桂子ちゃん9時に農園。家内と3人で厚狭に向かい淳貴君ファン倶楽部の萬代さんと合流してのドライブ。


焼却ゴミに火をつけて。コーヒーを飲みながら「人生の車窓(会社創業編)」をはじめた。28歳で起業して48歳で退職。その退職理由を書くとき答が見つからない「辞めたことに後悔はない」と結んだ。


次の車窓は「菊川画廊」


下関の帰り道はお昼になった。食事に立ち寄ろうとしてもどのお店も満席。長府の「ビストロマサ」は2日前に予約をしようとメールしたら満席。

とうとう萬代さん見送る厚狭に着いた。お別れして「ホカホカ弁当」で天丼を買って農園ランチになった。桂子ちゃん77歳のお父さんとのふたり人暮らしぶりを聞かせてもらう時間になった。

きのう掘りたてのタケノコを家内が地域の方からたくさん頂戴。昨夜は灯油ストーブに寸胴鍋をかけて下ごしらえ。その茹でたタケノコなど桂子ちゃんのお土産になった。


リフレッシュできた日曜日。


写真はマルシェで麦わら帽子の下にとバーバラたちにすすめられて買った。

0 コメント

人生の車窓 きょうは鍵山社長編

温泉の森はいろいろなジャグジーがあり、私が好きなタイプはふたつある。

ひとつは両足裏めがけてかなりの勢いで噴出する泡。一回3分。それをあてる場所をかえながら3~4回。お湯は胸の位地ぐらいあり持つ手で体を支えて首までつかりああ快感!

ひとつは「寝湯」浅いお湯に横になり手足をのばしてステンレス枕でゆらゆら。ほんとうに寝てしまう。30分も楽しんだら手足の先がほとびてシワシワになる。


サウナはひな壇3段。牢名主のように一番熱い真ん中の最上段が私の定位置。テレビを見おろせる。15分以上汗をかく。出て冷水に入る度胸はない高血圧。


休憩室は窓際の足がのばせるタイプ。金曜日はアルコールフリーが250円。館内Wi-Fiに接続して楽しむもよし寝るのもよし。これで1000円は価値がある。


余談 田舎の道の駅温泉も安くてよい。けれどもひとつ、休憩室でゴロリとして寝ようとしたら四方八方からゆるんだオナラが聞こえて😀


昨夜は温泉効果もありしっかり寝た。


土曜日は萩市。6時から市内を走りまわる。その萩市にくだる雲雀峠は氷点下3度まで冷えていた。きのう雨がなかったが路面が濡れていたらノーマルタイヤでは走ることはできない。


萩市から長門市にむかう三見から絶景の日本海。


午後から「人生の車窓 鍵山社長編」を3時間で書き上げた。

0 コメント

とても気持ちが落ち込んだ

昨夜、唐戸魚市場で買ったイワシ5匹は刺身とイワシ丼(小さい茶碗)になった。今が旬のアサリは貝汁。刺身はオリーブ油で、丼はニンニク醤油を少したらした。

缶ビールふた缶と芋焼酎お湯割で疲れを意識するほどになった。靴下は脱いだが「寝らしてくれ」と家内に言って夢の中。


10年ぐらい前は木曜日から戻って星が出るまで草刈りをしても平気だったが古希をむかえる高齢者らしいダウン。日記はなんとか更新した。


今朝4時前に疲れをリセットできて目が覚めた。部屋が冷えている。夜露がしっかりおりていたので昨日集めた採卵室の汚れた新聞紙、一輪車山盛りと汚れたり破損したたまごパックなどたくさんの焼却ゴミに火を着けた。夜空を焦がすほどの火柱があがっても夜露がある。


愛犬と歩いてから朝食。金曜日は温麺のソーメンと野菜に納豆とバナナが長年私のリクエスト。


写真の草刈機ハンマーナイフ今年の初登場。注油ヵ所にしっかり油を入れてエンジン一発で始動。

その10分後に悪夢がおとずれた。2月の末にユンボとハンマーナイフのエンジンオイル交換をした。それが、ハンマーナイフはきっちりオイルを抜いてオイルを入れることをやっていなかった。エンジン焼き付いてとまった。


ユンボは軽油にガソリン給油して大失敗したこともある。


今朝の大チョンボには気持ちが萎えた。これから加齢でこんな失敗が続くのだろうかと。ハンマーナイフは買い求めた農協がレスキューに来てくれた。


10時過ぎに湯田温泉「温泉の森」しっかり汗をかいて休憩室。約4時間ほど長椅子で足をのばしてタブレット。人生の車窓「阪神淡路大震災編」を書き上げた。


書くことで忘れていたご恩をたくさん回顧できた。あらためて生かされてきた私がわかった。


次は「鍵山先生編」に入る。


掲示板更新おわりました。

0 コメント

淳貴君3年生がはじまった

きのうFacebookで「友だち申請」が届いた。

長野県在住の高齢と見受けられる男性。私の友だちとも「友だち」になっていた。メッセージも添えられていたので「よろしくお願いいたします」とメッセージを添えて申請を受けた。

その男性から今朝届いたメール(メッセンジャー)は「あなたはゲイに興味がありますか」だった。イギリス在住の日系人大富豪の女性から「夫の遺産」とかアメリカから豊満写真つき美人から友だち申請などあの手この手。けれども「ゲイ」とは驚いた。即座に「ブロック」した。


木曜日の6時半は唐戸魚市場。先週買ったおばちゃんが「コウイカ」を並べて「兄ちゃん」と誘ってくれたが「じいちゃん」は他の店でイワシひと山とアサリを買った。


淳貴君のお母さんから「3年生がスタートしました」と今朝の写真とメッセージが届いた。


さきほど4時前に農園ゴールイン。満載のたまごをお届け。加奈ちゃんパンもたくさんお届け。心地よい疲れ。


掲示板更新します。

0 コメント

スペシャルオリンピックス「ちょぼハウス」から学ぶことたくさん

スペシャルオリンピックス下関「ちょぼハウス」10時の面々。

左端から、田島太一君のお母さん・黒柴「てつ」のお母さん小坂さん・今週の「美術館」主人公の清水さん・新本淳貴君のお母さん・いつも笑顔で手づくりの差し入れ頴原さん。隣の部屋では淳貴君がゲーム中。

清水さんが手にしているドライフラワーは美祢市の萬代さん提供。


昨夜「書家・金沢翔子」番組を録画したDVDを見つけた。数年前に録画しながら番組を観た記憶は、彼女が「世界中の人がダウン症だったらよいのに」と語った?ダウン症の人は競わない、比べないという生き方ができるらしい。

田島太一君はダウン症。LINEでお母さんに「明日のちょぼハウスで差し上げます」と伝えてからDVDを観た。


翔子さんの母親が出産後の日記に「きょうもできなかった」と綴っていたできなかったことは、あやまって浴槽に落として死なせてしまったと警察の調書に記すストーリー。この子をどう育てたらよいのかわからない毎日。


その翔子さん。30歳をむかえて母親から巣だってひとり暮らしを始めた。得意のカレーをつくり生きていけるようすまでを60分番組で紹介した。


ちょぼハウスでの会話。

ダウン症の人は鼻が低い、両目の間隔がひろいと顔つきが似ているではじまった。私も配達のときバス停でスクールバスを待っている人や通勤のダウン症と思われる顔つきの人をみている。週で数えてみると5人ぐらいみている。

ダウン症の太一君のお母さんが「それがみえない人もいる」と言うと、淳貴のお母さんが「そうですね、妊娠してはじめて周囲に妊婦さんをがおられると意志しました」と。


そのことに関心がなければ「みえない」ことになる。もっと「みてもらう」「関心をもってもらう」にはどうすればよいかの手だてを考えてやってみることに気づかされた。


古希の「人生の車窓」

阪神淡路大震災から書き始めた。きのうのブログの表題に間違いがあるように(訂正する方法を知らない)誤字脱字や書いた私には理解できても読み手には「?」を推敲してもらえるボランティアにアンテナを張ったら読書家で頼めそうな人がひとり。

それが水曜日のお届け綾羅木の「はるさん」今朝、車窓のことを話して朱筆ボランティアをお願いして快諾を得た。


修理を済ませた愛車は快調に水曜日を走った。


掲示板更新しました。

0 コメント

愛車がなりました

火曜日の農園スタートは6時半でよい。


私の古希は「お礼」がテーマ。人生の車窓を書き記してお世話になった人たちを思い起こすことをはじめている。

今朝は6時までにすべてのことを済ませて30分タブレットの原稿用紙にむかうことができた。


記憶の底に沈んでいた場面が甦り、その場面で「失礼しました」「ありがとうございました」と伝えていなかった私をかえりみることができる。


防府トヨタの伊藤さん(農園担当)から嬉しい連絡。水曜日の仕上がりが早くなり夕方納車します。


修理を終えた愛車がさきほど(18時)に農園に戻ってきた。明日から立体的に荷物が積める。財布や傘に雨具など定位置にしまえる「おちょやん」も見られる。


きのう厚狭のさんちゃん「人恋しい」ならぬ「ネコ恋しい」状態だった。


明日は「ちょぼハウス」の水曜日。3時起床で5時すぎに農園スタート。


掲示板更新します。

0 コメント

月曜日は加奈ちゃんとたくさん会話ができる

2週間前の金曜日。私の愛車で周南市方面に出た正志が追突された。100対0でこちらに過失はない。すべて保険会社と山口トヨタで事故処理は終わった。

修理するための代車が時節柄(引っ越しなど)出払っている。

先週の木曜日(4月1日)に代車が農園に到着。愛車を修理に出した。


納車は7日、水曜日の夕方。その日まではなんとか積み降ろしに手間をかけて配達をする。木曜日は代車の荷室で積めない。たまごの箱を立体的に三段。さらに積めるようオリジナルの棚を15年前につくり、車を乗り換えるときはこの棚が積めることが発注条件だった。


事故の修理・冬タイヤから普通タイヤ交換・オイルとエレメント交換・愛車がリコール通知が届きその対処などを済ませる。


きょう月曜日。代車で積み降ろしはストレスになった。


いつもは8時前、コンビニでコーヒー飲みながら「おちょやん」を見ているが代車では見られない。月曜日から水曜日まで農園ビデオデッキに録画予約した。


「あだち美術館」主人公の清水千代美さん。そのお孫さんがYouTuber「栃木県県警」に可愛く出ています。


https://www.youtube.com/watch?v=8BSGnsMS9lY


加奈ちゃん。お店は月曜日お休み。8時過ぎにたまごはお届け。仕込みの真っ最中。

毎週、この月曜日に加奈ちゃんと会話がはずむ。

毎週水曜日限定のピッツカンパーニュは2個限定。宝くじぐらいの確率になっている。その理由を聞いた。

こだわりの食材をたっぷり使うから、2個つくるだけしか仕入れが整わない。

そのディスプレイ用のカンパーニュで加奈ちゃん笑顔。メガネがかわったかな?


今朝は寒の戻り。おまけに強風で寒かった。


掲示板は過去の「本日Facebook投稿」を載せています。ぼつぼつ掲示板らしくリニューアルしたいと思っています。

2 コメント

人生の車窓をはじめた

田島太一君。

お母さんの添え書きを原文紹介。


108ピースから300ピースのパズル🧩が出来るようになりました。108ピースは、最初の頃2〜3日かかってましたが、繰返しすることで、慣れると20分位で仕上げます。


この体勢は、ダウン症ならではの体の柔らかさです。とても羨ましいです🤣


わからないことは聞いておこうと昨夜お母さんにLINEで問い合わせた。

①ダウン症の人はどうして体が柔らかいのですか。

②ダウン症の人はどうして顔つきが似ているのですか。


お母さんから「よい機会ですから調べます」と返信が届いた。


映画「僕が跳びはねる理由」自閉症者の日常と成長。

近くで上映があれば行きたいと思って調べた。最寄りは福岡市内だった。

昨夜、淳貴君のお母さんからLINE。その原文


「こんばんは。今日のブログにあった『自閉症の僕が飛び跳ねる理由』の東田直樹さんの本が数冊うちにもあります。残念ながら続編になりますが今度持って行きましょうか」

水曜日のちょぼハウスで拝借のお願いをした。


昨夜から書き始めた「人生の車窓(阪神淡路大震災編)」書くポイントは人の名前を多く出す。批判めいたことは書かないの2点。


コーヒーを何杯も飲みながら、その次はハイボールを飲みながら神戸を回想しながらタブレットのメモに書きすすんだ。

下関から「ふく鍋隊が神戸に炊き出し3回往復」の新聞記事を読み、当時は唐戸魚市場専務取締役で「ふく鍋隊責任者」の松村さんに「4回目もお願いします」と電話をした。

そのとき、松村さんと萩の中学校で同窓。私の数々の恩人富士通の上田さんが縁を取り持ってくださったことを思い出した。

松村専務が「一度会おう、飲もう」と声をかけてくれ、私は神戸から宇部に戻った。その宴席は「カニ料理店」上田部長の店だった。つまり御大と初対面はカニ料理で上田部長がセッティングしてくれたことも思い出した。

あの夜「よし、わかった浜山小学校避難所に行こう」と御大快諾。まだ要るものはないかと聞かれたので「畳がほしい」と言うと「それか」と電話。相手は萩市の旅館「萩本陣」社長だった(御大ご親戚)。夜中に酔った電話でも旅館に古い畳が150枚あり「使え!」になった。


避難所の床には断熱で発泡スチロールを敷いていた。その上を歩くとキュキュと音がする。


約束どおり浜山小学校に「ふく鍋隊」横断幕のトラックと奉仕をしてくださる人を乗せたバスが着いた。

冷たい弁当を食べていた人たちは大鍋でつくられる1000人分の湯気に集まった。

畳もおろされた。自転車や中古の洗濯機もたくさんおろされた。避難所の女性たちが歓声をあげたのは包装された下着類だった。唐戸魚市場の女性職員さんがたくさん用意して積み込んでくださった。


この神戸のご縁で松村御大と同じ車窓を酒を飲みながら眺めることが多くなり「御大」と呼ばせてもらうようになった。


書くことで、私が歩んできた道とお世話になった人をふりかえることができる。

神戸編だけでも文字数は相当多くなるがしっかり書いておきたい。


冷たい雨の日曜日。山口市内で買い物と散髪。


「あだち美術館」更新しました。今週は「姉御」と呼ばせてもらっている清水千代美さんのヨーロッパ旅とスペシャルオリンピックス女子バスケットの迫力満点。

千代美さんはシャンソン化粧品女子バスケットボールの強者。大学生時代は「毎日、1000本シュートをやった」と。そのバスケット技量とスペシャルオリンピックス精神に惚れ込んで人生をつぎ込んでいる。私とのご縁は「酒」いや「スペシャルオリンピックス」


仏画の矢熊さんありがとうございました。また新作を撮りにまいります。


掲示板更新します。

2 コメント

この笑顔に勝るものなし

きょうFacebook投稿は田島太一君。

お母さん添え書き「米さえあれば生きていける太一。カモメ眉毛がチャームポイント」と。太一君の嬉しい!がストレートにつたわる一枚と思いました。


新聞を捨てずに保存している。映画「僕が跳びはねる理由」自閉症者の日常と成長。

上映を調べて近くで観られるなら足を運びたい。


土曜日の配達コース萩市から長門市経由で美祢市を走り終えて農園。昼食を済ませたら眠たい、とにかく眠たいので横になったら1時間ちかくも寝ていた。疲れリセット。


きょうから自分史「人生の車窓」を書きはじめた。タブレットで文字入力したあとWord(Wordはわからない)で処理して完成。たくさんの車窓があるが秋までには完成させたい。


どの窓からはじめてもよい「阪神淡路大震災」から振り返っている。

古希をむかえる私がどれほど多くの人に支えてもらった人生かを文字に刻む大切なことをスタートした。


きのう夕暮れ「疥癬」にかかり全身の毛が抜け落ち骨と皮になったタヌキがちかくで座っていた。

年末からイノシシの出没がまったくない。この「疥癬」がまん延しているのではないだろうか。


放し飼いで農園生活を楽しんだ愛犬「はなちゃん」はこの疥癬に感染した。16kgあった体重が7kgまで痩せ細り全身の毛が抜けた。毛穴に住み着くダニがその疥癬症。当時は決定的な治療方がなく?約40万円もの治療費を払って、その薬害もあり腹水もたまった。


ゆきちゃん。農園に来た2年前の毛並みにツヤがなく痒がった。経験で疥癬と判断してそれが専門「皮膚病」の獣医をネットでさがして通院した。約40日で完治。山に捨てられたが故の感染。幸いほかの兄弟に発症はなかったようだ。


夕暮れのタヌキ。もうどこかで絶命していると思うが疥癬を撒き散らしている。ゆきちゃんの脱走は気をつけておかねばならない。


ゆきちゃんの目尻にマダニを見つけた。もうその季節にはいった。山で生活する愛犬にマダニ駆除剤フロントラインを常備している。さきほど2頭の首につけた。1ヶ月は効く。1ヶ月先からはマダニとフィラリア(蚊が媒体の病気)がはじまる。


ほぼ毎日、農園にバス釣りにくるギャルに声をかけた。山口市から通っている。釣り歴は1年、52cmのバスをヒットしてはまってしまったと笑顔がかわいい。


私もむかしは釣りが大好きで釣り船も床波漁港においていた(船名は「赤トンボ」)18号に19号と猛烈な台風で甚大な損傷を船体に受けて釣りはやめた。4級船舶免許も更新していない。


掲示板更新します

0 コメント

草刈機エンジン初始動

とても素敵な風景に出会った。

場所は旧旭村(いま萩市)明木の下横瀬公民館。


7時から9時半まで今年初めての草刈り。愛用の草刈機は2台ある。ひとつはショルダーもうひとつはハンマーナイフという商標。ゴムキャタピラー両輪でグイグイ前進して幅150cmぐらで、私の背丈ほどの草むらでも刈り取る。


ショルダーは10数年、手入れをしながら使っている。旧式でとても重い、安全装置もないが馬力が強い。たぶんこの機種を担いでいる人は少数派と思う。

昨年、仕事納めの10月に燃料を抜きエンジン部分はビニール袋に包んでしまっていた。

混合油をつくり給油。チョークレバーを引いて一発始動。今年もしっかり汗をかく。


ハンマーナイフは来週試運転。


淳貴君ポストカードをすすめている。たまたま萩市在住の切り絵作家「上田豊治」さんポストカードと便箋が販売されていると知り午後から萩市に行った。


萩市は明日の土曜日が配達コース。けれども6時前から7時にかけて走るので買い物はできない。


先を急ぐ早朝。見ることがなかった素敵な風景に出会えてとても嬉しかった。


掲示板更新します

0 コメント

田島太一君デビューしました

深夜にLINE着信。3時におきてLINEを見た田島太一君のお母さんからだった。


きのうスペシャルオリンピックス下関拠点「ちょぼハウス」で太一君を多くの人に知ってもらいたい。わたしができることはFacebookで淳貴君との交流を紹介しながら、自閉症の淳貴君が得意なこと不得意なことをみなさんに知ってもらいたいと思っている。


ダウン症の太一君をそのFacebookに参加させてダウン症の太一君が得意なこと不得意なことをみなさんに伝えたいとそれに応えて深夜2時にLINEで届けてくれた「写真を選んでいたら寝ていました」と添え書き。


太一君のお母さんスペシャルオリンピックス下関の力こぶ。いつも両腕に会計書類やプログラムなどひっさげている。

わが子のことだけではなくスペシャルオリンピックスの母親をやっている。


田島太一君 2009年下関市長府生まれ(11歳)下関総合支援学校在籍


スペシャルオリンピックスで参加しているプログラムはおもにバトミントン。


⏹️できること

○ダンスを踊るのが大好き(パプリカ・恋するフォーチュンクッキーなど)

○一人でお風呂に入れる

○お母さんのお手伝い(選択モノをたたむ・掃除機・トイレ掃除など)


Facebookとブログの両輪で淳貴君と一緒に紹介します。以後お見知りおきのほどよろしく😃✌️


今朝も6時半は唐戸魚市場。馴染みのお店に今夜の肴になりそうな値段の魚がなかった。

ユメカサゴを先日買ったおばちゃんがコウイカをずらりと並べていた。冷やかし半分で値段を聞いたら「大きいのを選んで四坏で千円で!」帰って刺し身にひけばよいようにしごする(さばく)ゲソも皮も食べれるし冷凍も大丈夫。と売り言葉に捕まった。卵巣もあった「これは醤油で煮たら醤油がもったいない。ボイルして食べたらええ」細かい指示が出る。千円払って帰りかけたら「刺し身のけんにワカメを買わんかね」ひと袋200円の生ワカメをふた袋買えば300円!小銭を探して見せたら250円だった「もって帰り」とウィンクのおまけ。


魚市場は楽しい。


掲示板更新します

0 コメント